結婚までの挨拶としきたり

結婚の挨拶としきたり

Google

遠方で結婚式をあげる情報

HOME | SITEMAP

トップ » 結婚までの挨拶としきたり

新着情報

結婚へ向けての両親の顔合わせ

めでたく2人の結婚が決まり、彼が彼女側の親への挨拶を終えた後、次はお互いの両親の顔合わせとして結納が行なわれます。結納は地域や家のしきたり、関東と関西によっても違いがありますので、事前にどのように行なうのか話し合って決めておくと良いでしょう。他にも、両家の日程や予算などを前もって決めておく必要があります。最近では結婚に仲人を立てず、結納品を減らしたりなど略式結納のスタイルも増えてきました。また結納代わりに、どちらかの実家の家かホテルや料亭などで食事会を行い、両家の顔合わせだけをするカップルも多いようです。

両家の顔合わせのマナー

結婚を決めたら、挨拶をしなければいけません。両家の顔合わせも必要となります。最近では結納という形ではなく、食事会という形にしているところも増えてきました。結婚は一生の問題でもありますし、当人同士だけの問題でもありません。親族全体の問題でもありますので、本人たちさえ良ければそれで良いというものではないのです。育った環境が違うのですから、常識が異なるのは当たり前です。しかしある程度常識の違いを理解しておかないとトラブルの原因にもなるので、顔合わせの際のお互いのマナーはチェックをしておいた方が良いでしょう。