結婚指輪の歴史を知る

結婚指輪の由来とは

Google

遠方で結婚式をあげる情報

HOME | SITEMAP

トップ » 結婚指輪の歴史を知る

新着情報

結婚指輪の豆知識など

結婚指輪の歴史は古く、古代ローマ時代からといわれています。指輪の丸い形が永遠を象徴していることからも、「永遠の絆」を意味するものとされています。結婚指輪を左手の薬指につける理由はいくつかありますが、古来、左手の薬指を流れる静脈が心臓とつながっていると考えられており、薬指に永遠を象徴する丸い指輪を付けることで、二人の愛が永遠に続くようにとの意味が込められています。結婚するにあたってこうした指輪にまつわる由来を知っておくことでより愛着が湧くのではないでしょうか。